1. ホーム
  2. エリア情報

佐賀県の観光情報、イベント情報、公共施設の紹介

    •  佐賀県(さがけん)は、日本の九州地方の北西部にある県。県庁所在地は佐賀市。 唐津・伊万里・有田などは古くから陶磁器の産地として有名である。玄界灘と有明海の二つの海に接する。 令制国の肥前国東部に相当する。明治の府県制成立の際、同国は佐賀県と長崎県の2県として分立した。県名は佐賀郡(現在の佐賀市)から採られたもので、『肥前国風土記』に伝えられる、楠の木が生え盛るこの地を指して日本武尊が言った「栄の国」に由来する。
    • 佐賀県 観光施設

    • 【佐賀県 佐賀市 佐賀 観光】佐賀城公園
      佐賀城公園

      佐賀城公園は佐賀市城内のうち、佐賀城本丸歴史館や鯱の門周辺、県立美術館・博物館周辺、県立図書館周辺、万部島、北・西・南の各濠とその周辺を公園区域とする。計画面積は約31.8ha。濠の周辺は桜の名所として知られ、花見の季節には多くの花見客でにぎわう。濠の周辺には樹齢300年を超える大楠が多くみられ、「佐賀城趾の楠群」として県の天然記念物に指定されている。また、南濠は過去は一面蓮に覆われ、美しい花が市民の目を楽しませていたが、ミシシッピアカミミガメが原因とみられる食害で全滅し、現在再生に向けた取り組みが行われている。 濠をめぐる様に周回園路が整備され、市民の散策路、コミュニケーションの場として親しまれている。

      佐賀県の賃貸物件を探す
    • 【佐賀県 佐賀市 佐賀 観光】神野公園
      神野公園

      1846年(弘化3年)に建てられた第10代佐賀藩主鍋島直正の別邸跡に設けられた公園である。 多布施川の西にあり、園内には春に花見ができる桜並木、野生のトンボを観察できる「とんぼ池」、鳥類やウサギなどを飼育している小動物園、「神野のお茶屋」(池泉回遊式の日本庭園)、「隔林亭」(神野のお茶屋の茶室を復元)などの他、子供向けの遊園地がある。 園内には江藤新平の銅像が設置されている。

      佐賀県の賃貸物件を探す
    • 【佐賀県 佐賀市 佐賀 観光】肥前国庁跡
      肥前国庁跡

      本国庁跡は、確認調査により久池井字五本杉で確認された。規模は、南北104.5メートル、東西77.2メートルである[1]。建物は南北中軸線(約7度西に傾く)上に南から南門、前殿、正殿、後殿が並び、前殿の東西両側に各々2軒の脇殿が配置されている。また、正殿の左右に廊が取り付けられて、郭内を南北に二分している。南門は築地を内側にやや引いて八御門にしている。建物規模は前殿・後殿が7間×2間、正殿も同じ大きさで、これに各1間の4面廂がつき、9間×4間、脇殿は4棟とも7間×2間である。建て替えは前殿、後殿、脇殿がそれぞれ1回ずつ行われている。正殿と回廊は建て替えが認められないのは、後期に掘立柱建物から礎石建ちに変更されたためか。しかし、礎石は見つかっていない。南門は2回建て替えられ、礎石が一部残っている。建て替えは大きく前期・後期の二期に分かれるが、両期を通じて建物の規模や配置には基本的に変更なかったようである。 国庁築成時期は、出土した須恵器、土師器、多量の瓦などから、8世紀前半と推定されている。

      佐賀県の賃貸物件を探す
    • 【佐賀県 佐賀市 佐賀 観光】佐賀神社
      佐賀神社

      直正の歿後の明治6年(1873年)、直正の威徳を賛え、鍋島家の祖先を祀る松原神社に南殿を造営し、直正を祀った。昭和4年(1929年)、直正を祀る別格官幣社・佐嘉神社の創建が決定した。昭和8年(1933年)に現在地に社殿を造営し、松原神社の直正の霊を遷座した。昭和23年(1948年)、松原神社南殿に祀られていた直大の霊を佐嘉神社に合祀した。 松原神社は別の神社として運営されていたが、昭和36年に佐嘉神社と運営を一本化した。

      佐賀県の賃貸物件を探す
    • 【佐賀県 佐賀市 佐賀 観光】古湯温泉
      古湯温泉

      嘉瀬川と貝野川の合流部付近に温泉街が広がる。13軒の旅館が存在する。 温泉街ではイベントが多く開催されている。 6月に蛍鑑賞会、7月に古湯温泉花火大会、9月に古湯映画祭などが行われ、他にも多くのイベントがある。 共同浴場は一軒、「古湯温泉センター」が存在する。

      佐賀県の賃貸物件を探す
    • 【佐賀県 佐賀市 佐賀 観光】川上峡
      川上峡

      川上峡(かわかみきょう)は佐賀県佐賀市(旧大和町)にある渓谷。一般に知られる奇岩、奇勝、瀑布、淵が連続する渓谷とは異なり、両側に山が差し迫ってその間を嘉瀬川が滔々と流れ、さながら京都の嵐山を彷彿とさせる景観から、九州の嵐山と呼ばれている。一帯は川上金立県立自然公園に指定されている。春は桜のほか、官人橋では数百体の鯉のぼりを泳がせ、風雅である。また、夏場は納涼の花火大会、秋は紅葉など四季折々の変化を見せる。また、川上峡温泉が湧出していることから、観光拠点としても利用されており、年間の行楽客は多い。この一帯で売られる白玉饅頭はこの温泉地、渓谷の名物となっている。

      佐賀県の賃貸物件を探す
    • 【佐賀県 佐賀市 佐賀 観光】祐徳稲荷
      祐徳稲荷

      祐徳稲荷神社(ゆうとくいなりじんじゃ)は、佐賀県鹿島市にある神社である。旧社格は県社。別名鎮西日光。 伏見稲荷大社などとともに日本三大稲荷の一つに数えられる。年間300万人の参詣者が訪れる。これは九州の神社では太宰府天満宮に次ぐ参拝客数である。衣食住、生活全般の守護神として、商売繁盛、家運繁栄などで尊崇されている。

      佐賀県の賃貸物件を探す
    • 【佐賀県 佐賀市 佐賀 観光】吉野ヶ里遺跡
      吉野ヶ里遺跡

      吉野ヶ里遺跡(よしのがりいせき)とは、佐賀県神埼郡吉野ヶ里町と神埼市にまたがる吉野ヶ里丘陵に、およそ50ヘクタールにわたって遺構が残る、弥生時代の大規模な環濠集落(環壕集落)跡である。 1986年(昭和61年)からの発掘調査によって発見され、現在は国営吉野ヶ里歴史公園として一部を国が管理する公園となっている。物見やぐらや二重の環濠など防御的な性格が強く日本の城郭の始まりとも言えるもので、2006年(平成18年)4月6日、日本100名城(88番)に選定され、2007年(平成19年)6月から全国規模の日本100名城スタンプラリーが開始された。

      佐賀県の賃貸物件を探す
    • 佐賀県のイベント

    • 【佐賀県 佐賀市 佐賀 イベント】佐賀インターナショナルバルーンフェスタ
      佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

      熱気球競技大会としては日本国内のみならずアジアで最大級の参加機数の大会であり[1]、毎年十数ヵ国の選手が70 - 80機(うち日本国内が50機程度)参加している。なお、例年30 - 40機がイベントのみに参加するためイベント全体では110機前後の規模となる。なお、熱気球世界選手権を1989年と1997年の2度、熱気球日本選手権を28回中21回(2011年時点)開催している。

      佐賀県の賃貸物件を探す
    • 【佐賀県 佐賀市 佐賀 イベント】唐津くんち
      唐津くんち

      漆の一閑張りと呼ばれる技法で製作された巨大な曳山(ひきやま)が、笛・太鼓・鉦(かね)の囃子にあわせた曳子(ひきこ)たちの「エンヤ、エンヤ」「ヨイサ、ヨイサ」の掛け声とともに、唐津市内の旧城下町を練り歩く。 祭り期間中の人出は延べ50万人を超える(唐津市の統計による)。昭和33年(1958年)に曳山14台が佐賀県の重要有形民俗文化財に、さらに昭和55年(1980年)には「唐津くんちの曳山行事」が国の重要無形民俗文化財に指定された。世界的にも類を見ない豪華な漆の工芸品の曳山は、現代の制作費に換算すると1~2億円に上るといわれ、九州はおろか世界でも大きな注目を集めている。

      佐賀県の賃貸物件を探す
    • 佐賀県の天気

    • 佐賀県のガソリン価格


    • gogo.gs

* 観光データ等に関してはwikipediaから引用しています